相談事例・ブログ

症状固定

13.12.22

『症状固定』とは、今後治療を続けても良くも悪くも大幅な変化が見込めない状態を言います。
この症状固定の時期が後遺症の等級認定を受ける上で重要となります。
頸椎捻挫(ムチ打ち)などでは保険会社は3月程度すると『そろそろ症状固定では・・・』と言ってくることがあります。しかし、症状固定の時期を決めるのは保険会社ではありません。
怪我の状況や回復の程度などを総合的に考慮し、あなたと主治医とでよく話し合い決めて下さい。
症状固定後は治療費や休業損害、傷害部分についての慰謝料などは原則として貰えなくなります。

有限会社 建徳

ライフプランニング

徳江行政書士事務所

〒378-0024 群馬県沼田市下川田町195

Copyright © 徳江行政書士事務所All Right Reserved.