相談事例・ブログ

重過失減額

14.02.26

民法では被害者側に過失があった場合には、厳格に過失相殺がされることになっています。
しかし自賠法は被害者保護を目的としている為、過失相殺はされません。
ただし、被害者側に重大な過失があった場合には、以下の表のような割合で支払限度額から減額されることになっています。

 

被害者の過失割合  傷害に係る減額割合   後遺障害・死亡に係る減額割合 
7割未満 減額なし
7割以上8割未満 2割減額 2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

有限会社 建徳

ライフプランニング

徳江行政書士事務所

〒378-0024 群馬県沼田市下川田町195

Copyright © 徳江行政書士事務所All Right Reserved.